内臓脂肪とは ダイエットの前に皮下脂肪との違い・内臓脂肪型肥満

内臓脂肪とは ダイエットの前に
内臓脂肪とは内臓の周りについている脂肪のことで、皮下脂肪よりも悪性のものであると考えられている。内臓脂肪は、過剰に蓄積すると「内臓脂肪症候群」と呼ばれる状態になり、やがて動脈硬化による脳卒中や心筋梗塞に発展する可能性がある。

 

極端なダイエットをすると、女性ホルモンの分泌をコントロールする脳の視床下部の働きがマヒし、エストロゲンが減少して逆に内臓脂肪がつきやすくなる。また、そんなダイエットを途中でやめて、リバウンドしてしまった時の脂肪は内臓脂肪として溜まっている可能性が高い。

 

また、アルコールの過剰摂取や不規則な生活から肝臓に脂肪がついている若い人が増えていて、放置していると肝硬変になる恐れもある。

 

2005年はメタボリックシンドロームが話題になりました。このブログでもメタボリックシンドロームについて、詳しく説明していきますが、おなかに余分にたまる内臓脂肪の肥満に、高脂血症、高血圧、高血糖と、三つの危険因子のうち二つが加わると、動脈硬化の危険が非常に高まり、そのままにしておくと、心筋梗塞や脳梗塞に陥ります。メタボリックシンドロームはそういった意味で、生活習慣病の入り口となります。

 

そして今とても注目されているのが内臓脂肪です。皮膚のすぐ下につく皮下脂肪とは違い、たまりやすくてとれやすいのですが、動脈硬化の危険因子を悪化させることが問題となっております。このブログでは内臓脂肪ダイエットというタイトルからもわかるように、内臓脂肪のダイエットを成功させるためのさまざまな情報を提供できればと思っております。

 

防風通聖散という漢方薬は内臓脂肪の燃焼を促してくれます。

 

おすすめです。

 

防風通聖散の効果はこちら

 

内臓脂肪型肥満

臍レベル腹部断面での内臓脂肪面積100cm2以上とします。しかし内臓脂肪面積を直接計ることは健康診断や日常臨床の場では簡単ではないので、腹囲の測定により代用し、男性が85センチ以上、女性が90センチ以上を内臓脂肪型肥満と診断します。正確に内臓脂肪面積を測定するには腹部CT撮影すのがいいでしょう。

 

 

 

 

内臓脂肪と皮下脂肪の違い

内臓脂肪と皮下脂肪の違いですが、皮膚のすぐ下につくのは「皮下脂肪」、おなかの中に脂肪がたまるのは「内臓脂肪」。内臓脂肪はただ太るだけではありません。それ自体が器官となって、悪い物質をつくり、こわいメタボリックシンドロームへとつながります。

 

内臓脂肪と皮下脂肪の見分け方ですが、おなかがぽっこり出ている場合、おへそのあたりの脂肪を指でつまんでみて、たっぷりつまめるようなら、皮下脂肪。皮がパンパンに突っ張っていて、つまめないようなら、内臓脂肪です。脳梗塞になった私の父もおなかがぽっこり出ていたのですが、 あれは今思えば内臓脂肪だったようです。

 

内臓脂肪と皮下脂肪の性質の違いですが、同じ脂肪でも内臓脂肪のほうが脂肪の分離 合成が早く進むといわれています。ってことは、内臓脂肪は、たまりやすい反面、分解されやすいってことです。
内臓脂肪がたまる原因として、過栄養と運動不足があります。内臓脂肪がたまってくると、血液中の糖を処理する「インシュリン」の働きが減るので、高血糖になります。

 

内臓脂肪ダイエットを意識して生活しなくては怖いですね。内臓脂肪はただ太るだけではありません。
それ自体が器官となって、悪い物質をつくり、こわいメタボリックシンドロームへとつながりますので日々内臓脂肪のダイエット心がけましょう。

 

■りんご型肥満(内臓脂肪型肥満)

内臓脂肪型肥満は上半身に脂肪がたくさんつくタイプです。りんごのようにおなかがポッコリとでているのが特徴です。内臓脂肪がたまっている場合が多い。よくいう中年太りの男性に多い。女性は更年期以降に内臓脂肪が増加します。

 

■洋ナシ型肥満(皮下脂肪型肥満)

二の腕やふとももやおしりなど下半身中心に脂肪がついていくタイプ。女性に多い。