sof_logo

booklet
荻田医師とOK-432治療
外国人患者支援のきっかけ
講演「カルロスちゃんと共に」
業績(リンパ管腫関連論文)

はじめに

 この小冊子(左)は、1993年11月3日から5日にかけて開催された京都府立医科大学と同附属看護専門学校(附属医療技術短期大学)のトリアス祭(大学祭)の中で行われた、学友会大学支部・京都支部主催、トリアス祭協賛のOB・OG企画の講演「カルロスちゃんと共に」の内容をまとめたものです。

 題名のカルロスちゃんとは、メキシコに住む1才2ヶ月の男の子です。日本だけで可能なリンパ管腫の新しい治療法に希望を託し、はるか太平洋の彼方から府立こども病院にやって来ました。しかし、カルロスちゃんの家族は経済的に余裕があったわけではありません。日本に行くための費用を、家や車を売って工面したのです。それを知り、私は「難病のリンパ管腫に苦しむ外国の患児を救うための基金」を設立しました。基金に対する反響は大きく、心温まる寄付が数多く寄せられました。

 カルロスちゃん一家の窮状を「なんとかしてあげたい!」との気持で始めたことに、学生諸君が注目していました。今年の夏、トリアス祭での講演の依頼のため、医学部4回生の黒田雅昭君と看護学部2回生の黒木ゆかりさんが私に会いにきました。私は、いま話題になっているリンパ管腫に対するOK-432療法について話をするのかと思いましたが、そうではありませんでした。彼らの依頼は「本来の医師の在り方を講演して欲しい」でした。患児の治療のために、一所懸命になっている私の姿を見てくれていたのです。

 学生諸君が医学を単に科学としてではなく、疾病を有する患者と対峙する人間性豊かな医師になるための学問として捉え、模索している事を知りました。医学生・看護学生の教育に携わってきた者として、これほど嬉しい事はありません。私の経験が役に立つならと、喜んで引き受けました。

 講演は11月3日の朝10時から11時40分まででした。学会での講演と異なり、うまく話せなかった様に思います。そのため、講演の内容を小冊子にまとめる事にしました。伝えきれなかった事柄について、理解を深めてもらえれば幸いです。

1993年12月 著者記

 

ページトップへ↑